必見!SEO対策の基本知識

無料で利用できるGoogleMapsAPI

かつてはホームページに地図を表示するために有料の地図サービスを利用する必要がありました。有料地図サービスでは提供会社のホームページにリンクされていたり、予め決められたデザインのもの使用します。しかしGoogleMapsAPIを活用すれば誰でも無料でホームページに地図を導入できるだけでなく、スタイルシートでデザインを変更することも可能です。またホームページ上の好きな場所に地図を表示できる他に、日本国内だけでなく世界中の地図を表示できます。

使用方法も非常にシンプルです。GoogleMapsをホームページに地図を表示するにはAPIキーを登録してコードをホームページのHTMLファイルに貼り付けます。コードは一般的に公開されており、APIキーを登録するだけで自由に使うことができます。以前は登録なしでも利用できましたが、現在では必ず登録が求められます。

GoogleMapsには様々な関連するAPIが存在しており、機能を追加して地図の利便性を向上させることもできます。APIとはアプリケーションプログラミングインターフェースの略称です。ソフトウェアの機能の一部を他のホームページやソフトウェアに埋め込む機能があります。GoogleMapsは基本的に誰でも無料で利用できますが、企業のホームページを対象に有料で様々な機能を追加するサービスを提供している会社も存在します。

無料で提供されるGoogleMapsにもビジネス・趣味を問わずホームページの利便性を向上させる十分な機能があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *